債務整理(任意整理)して住宅ローンにトライする馬鹿

債務整理(任意整理)して住宅ローンにトライする馬鹿

長年の夢だったマイホーム。
せっせと生活費を節約したお金をへそくりして頭金になればと
少しずつ貯めていたところに急にふってわいたかのように夫の借金がバレて
目の前が真っ暗になってしまいました。
情けないことにパチンコにハマって、ギャンブル依存症になって抜け出せなくなっていたのでした。
ギャンブルとは無縁の人だと思っていたので、本当に信じられませんでした。
夫の借金はすぐに返済しきれるようなものではなく、これまでコツコツと
貯めていた私の貯金をあててもまだまだ完済には程遠いものでした。
今すぐお金借りたいと思っても借りれる当てもなく、致し方なく、弁護士事務所に法律相談に行き、債務整理のお話をしました。
正直、債務整理をすると、新規でローンを組むことができないということで
私たちの年齢的にも今、家を建てる目処がたっていないということは
もう一生家は持てないので正直、私は乗り気ではありませんでした。
やはり、弁護士の先生には任意整理だと約5年、
個人再生や自己破産だと約10年は事故登録が残ることになりますので、
その間は住宅ローンの審査にまず通らないと言われて落胆。
とはいえ、債務整理をしないで借金返済をしようとしても

今度は借金返済だけでお金がまわらなくなってしまいます。
私達にはこの道を選ぶしかないのです。
気休め程度に、住宅ローン審査に落ちて再度申請したとして、
事故登録が消えてからであれば審査を通過できる可能性はありますと
言われましたが、過去に一度債務整理している場合はお金に対する
社会的な信用を失った状態ですので、はっきりいって無謀だと思っていました。
ところが債務整理中でもローンを組めるケースというものがあると知ってびっくりしました。
かなりのレアケースですが、債務整理後に経済状況が急に良くなり、
十二分な収入を得られるようになったり、あるいは頭金をたっぷり用意出来たという場合だったり、
強力な保証人がついた場合などなど…金融機関次第ですが、
十分に返済能力があると認められた場合ならローンが組めるそうなのです。
慌てて、私は裕福な叔父を頼り、保証人になってもらい、私自身の名義で
住宅ローンの審査を受けると無事にローンが組めました。
ブラックリストに載っている夫名義ではなく、私名義だからというのが
大きいかと思いますが、諦めずに行動をして本当によかったです。
夫もこころを入れ替えて、もう二度とパチンコはしないと誓って

働いてくれていますし、雨降って地固まるとなったかな?と思っています。


このページの先頭へ戻る